・日本のゴミ排出量は1年間で東京ドーム60杯分!

現在日本では一人当たり1日に約1キロのゴミが排出されています。

日本全体で12万3,917トン、1年で4,523万トン、大型10トン車452万3,000台分の

量になります。

 

環境省では、

このゴミを処理するために1年に3兆4,625億円をかけています。 

 

生活から出てくるゴミとは別に、企業や病院から排出される「産業廃棄物」

の量は、年間に3億7,914万トンもあります。

このゴミ処理に掛かる費用の統計は出されていませんが、10兆円を裕に超えるものとみられています。

平成26年報道発表資料(H24年度分)より 

 

 


・日本のゴミ処理方法と現実

家庭から排出されるゴミ4,523万トンのうち、20%程度は再資源としてリサイクルされていますが、残りの大部分は焼却して最終処分場に埋め立てられています。

 

最終処分場の数及び、残余容量は平成10年ころから減少の一途で、今後も増えるこ

とは期待でそうもありません。


また、関東や中部地域では最終処分場の確保が十分にできず、域外に廃棄物が移

動しています。

 

現存の最終処分場の残余年数は約19年程度で、この間に対策を考える必要に迫

られています。

 

ゴミを焼却して最終処分場に埋め立てる方法には、メリットもありますがデメリット

についても考えなければなりません。

 

焼却することにより「無害化」「減容化」はできますが、ばいじん・酸化硫黄などの有

害物質を大気中に放出しています。

 

焼却場の煙突が高いのはそのためで、拡散することで生活圏に影響を及ぼさな

い工夫なのです。

 

また、焼却してもゴミは10~20分の一程度にしか減容できません。

 

我々には、多くの子供たちに「健康な地球を残す」という義務があります。

もし、ゴミを200分の一以下に減容すること、大気汚染を限りなく「ゼロ」にするこ

とができたらどうでしょう!

 

 


・未来のゴミ処理技術は20年前に発明されていた。

実は、200分の一以下に減容する技術は、20年以上前に発明されています。


東京ビッグサイトが、まだ「東京国際展示場」と呼ばれていたころ「磁気エネルギーによる分解機」

として紹介された発明をその後、日本全国で20数社が真似て開発を始めました。


有機ゴミを500℃程度の温度で熱すると膨張することなく、水分や炭化物・残渣灰などに効率よく分解され、

200~300分の一に減容されます。500℃の温度を維持するためにガスや化石燃料を使うと二酸化炭素

の排出やコスト問題が発生するので代わりに磁石を利用します。


「磁気を応用した熱分解」は、燃焼とは違い炎の発生を伴わないものの、少量の酸素を利用した「酸化分解」

には変わりありません。酸素は他の気体に比べて磁力に大きく反応することを利用して炉内の温度を500℃

に維持しています。


磁力の作用について、今日現在まだ解明されていないところが多く、未知の分野ではあるものの

そのエネルギーの恩恵を数多く受けて我々は生活をしています。たとえば、身近なところでは

冷蔵庫や電子レンジ・IHクッキングヒーター・パソコン・テレビ・扇風機・スピーカー・ICカードなどが

挙げられますし、時速500kmで走るリニアモーターカーも実現しています。


 

 

 

20数年前に東京国際展示場にデビューした

「磁気エネルギーによる分解機」

 

円筒形の美しい装置です。


発明者の原田義和氏には

装置の原理につて沢山のことを

教えていただきました。

現在も良きアドバイザーとして

お付き合いをさせていただいてます。

 

 

 

 

 当時、

「世紀の大発明」と噂されるほどに関心を持たれました。












・夢の発明の実用化への挑戦

「ゴミの減容」について大きなメリットを持つ発明ですが、排煙で大気を汚染する欠点や、

装置を大型化できなかったなめに実用的な処理能力に欠けるという課題を抱えていました。

 

18世紀にA.L.ラボアジエという人が「酸化分解(燃焼を含む)に酸素が不可欠である」ことを明らかにしていますが、酸素を外気から取り入れた場合、当然のごとく排出しなければなりません。また、500℃という低温での酸化分解ではタール分が発生して排煙と共に浮遊します。これにより配管を有する装置の場合、タール付着により目詰まりを起こし長期稼働は望めません。

 

  装置の完成には

 

①酸素を外気から供給せず

 

②排煙を限りなくゼロに近付け煙突を不要とし

 

③タール付着による弊害に対処する

 

という難題のクリアが必要とされています。

 

福島県の放射能汚染ゴミ処理のために大手ゼネコンが「熱分解による減容」に取り組み装置を開発しました。

セシウム134及び137の沸点である671℃以下の650℃程度で処理するために放射性物質の飛散はほぼ解消

できるものの、排煙を排出する装置であることと、配管を多用しているために長期連続稼働は望めそうもない

という2つの欠点を抱えているようです。

 

弊社で開発した装置は、吸気を一切不要としたものです。

A.L.ラボアジエ氏の立証である「酸化分解(燃焼を含む)に酸素が不可欠である」との説に相反するのではないかとの疑問が浮かんできます。一般的には、「酸化分解」に使われた酸素は二酸化炭素などに変化するため、新たに酸素を供給しなければ、「酸化分解」は停止してしまうと考えられています。

 

ここで「磁石が持つ未知のパワー」が発揮されます。

「酸素は他の気体に比べて磁力に大きく反応する」という現象を利用して、酸素を甦らせて再利用する仕組みを開発しました。

 

この装置は、熱分解する「本体部」と、排煙をクリーンなガスにする「フィルター部」に分かれ、ダクトで接続されています。

本体部で発生した排煙は、フィルター部でシャワーを浴びた後に揉み洗いされて、不純物のほとんどを取り除きます。そして本体部に戻す手前で強力な磁場を印加することにより、熱を帯びやすい酸素を作り出しています。

摂取すれば排泄はつきものです。酸素を「摂取」しないので排煙を「排泄」しない装置が出来上がりました。

 

燃焼させた場合に大気を汚染する物質はフィルター部の水槽に閉じ込めて、炭化物は10ミリ程度の粒状を形成

します。また、水槽水は酸化硫黄などの溶解により酸化傾向を示します。ここに薬剤を投入すると微量の酸素及び、水素が発生して本体部の熱分解を手助けしてくれます。


・2013年実用化に成功!






吸気を一切必要としないから「煙突」が無い!



磁気分解炉 

SMT120型

処理能力:2立方メートル/日







平成27年3月完成

SMT180型

処理能力:6立方メートル/日


 実験段階でフィルター部は、いくつもの装置を配管で繋ぎあわせていたこともあり、

現在の10倍もの大きさを必要としていました。

タールによる目詰まりを解消するために90%以上の配管を無くしました。

また、清掃などのメンテナンスサイクルを維持しながら小型化する設計をしました。

先人の発明を応用させていただきましたが、処理効率を改善する仕組みを開発しました。


ゴミ処理コストダウン体験募集

経産省「ものづくり補助事業」に採択され誕生した「磁気分解炉SMT180」

試験導入していただける「企業様」を募集いたします。


条件

・自社排出のゴミ処理コスト削減にご興味のある企業様

・ゴミ処理による環境負荷軽減にご興味のある企業様

・本装置をご理解くださり、改善点の提案をしてくださる企業様

・本装置のさらなる開発にご興味のある企業様

※原則として、試用期間は1年間ですが、協議により継続を可能とします。